エゾアワビは茨城県以北から北海道に分布するクロアワビの亜種です。クロアワビは夏が旬ですが、エゾアワビは夏に産卵するため冬が旬となります。心なしか歯応えは冷たい海で育ったエゾアワビの方がしっかりしているようにも思えます。

今夜のカウンターは、エゾアワビ、白子、地元の平目と珍しい日本酒とのペアリング。日本酒も品揃えが変わることが楽しみです。新鮮な地魚と美味しい酒を酌み交わせる大切な場所をご紹介します。

屋      号:Femme de bateau Aoki

住      所:鎌倉市小町1-5-9

電話番号:0467-53-8339

営業時間:17時半~22時

定  休  日:水曜日・木曜日

【お通し】 薫製牡蠣のプロスケット

【先鋒】 鳥取市の中川酒造は、昭和63年に復活した鳥取の酒米「強力」を使った純米酒を造り出しています。

【エゾアワビのお造り】 11月から1月が旬のエゾアワビ。にごり酒との相性も良いです。

【次鋒】 東広島市の賀茂泉酒造の「賀茂泉」は芳醇で豊かな味わい。

【平目のお造り】 しっかりした歯応えと旨味。関東では2kg以上の大物を「ひらめ」と呼びます。

【本日のメンバー表】 新潟・埼玉・広島・鳥取の純米酒。

【ヒイラギの素揚げ】 シロギス狙いの投げ釣りの外道と言われるヒイラギですが、実は美味しい魚です。

【中堅】 埼玉県飯能市の五十嵐酒造は、奥秩父の伏流水を汲み上げて「天覧山」を育んでいます。

【白子焼き】 冬の千両役者。アツアツの白子は日本酒を引立てます。

【副将】 新潟市の峰乃白梅酒造は、寛永年間(1624~1643)の創業で、2番目に歴史のある蔵です。

【相模湾の新わかめ】 神奈川県産のわかめがあることをご存じでしたか?

【大将】 ふぐひれ酒は冬の味覚の王様です。

【かに玉あんかけ玄米おこげ】