鎌倉駅からから徒歩3分、小町通りの最初の細い路地を右に曲がると小さな青い看板が目に留まります。椅子席4席とカウンター8席とこじんまりしたモダンなお店です。達筆な文字で書かれたメニューには、地魚料理がズラリと並びます。定休日である水曜日と木曜日は店主自ら小坪港から漁に出向くそうです。お通しは2種類から選べます。当日は牡蠣のオイル漬けブルスケッタかメカブ納豆でした。焼き物、刺身、唐揚げと一通り注文してみましたが、どれも盛り付けもきれいで女性に喜ばれそうです。平目のカルパッチョ、ピクルスの盛り合わせ、シラスのピッツァなどワインに合う料理も数多く用意されています。

屋 号:Femme de bateau Aoki(因みに店名は直訳すると“船の女あおき”です。)

住 所:鎌倉市小町1丁目5番9号

営業時間:17時~22時

電話番号:0467-53-8339

定休日:水曜日、木曜日

目にも鮮やかな平目のカルパッチョです。様々な野菜との相性も良く、楽しい一品です。

このマインブルーがお店のシンボルカラーです。

オイル漬け牡蠣のブルスケッタです。ワインは勿論、日本酒にも良く合います。

メカブ納豆です。厚いメカブの歯ごたえが心地良いです。日本酒のお供ですね。

最近は珍しい白く細長い白徳利です。この絵だけ見ると小料理屋です。

白子の塩焼きです。味付けは丁度良い塩梅です。あっという間に1合飲んでいました。

沖縄のフレッシュコーンです。インテリアかと思いましたが、酒の肴と聞いて迷わず頼みました。

皮を何枚かむいた後に、オリーブオイルソルトでいただきます。おしゃれなお料理が続きます。

カサゴの唐揚げです。身と骨は別々に揚げてあるので、骨も全部食べられます。この時点で3合いっています。

人参、紫タマネギ、レンコン、カブ、ブロッコリーのピクルス盛り合わせです。これも女性好みのメニューですね。

シメはシラスと4種類のチーズのピッツアです。サイズも丁度良い大きさでした。若い人は2枚以上食べないと物足りないかも。丁度5合を空けました。